long season + home

アトリエ兼住居を建て替え計画中。理想のお家が建つまでの記録です。*long season web site*http://longseason.petit.cc/

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by [mai] | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

30 2012

2階の床は想定外

欲望って、留まるところを知らないですね……。


1階LDのヘリンボーンの床を決めるのに、マルホンのショールームへ行きましたが
そこで、気になる木材ができてしまいました。

当初、2階のファミリースペースは、
すみりんの無垢材(種類は未定)にする予定だったのですが、
そこにあのマルホンの床材を適用できないかしら♪♪なんて妄想が始まったら……

翌週の打ち合わせではお願いしていました(笑)


その気になる木材とはコチラ。

 maruhon 2
 画像はマルホンさんからお借りしています。


アカシアです。


ウォルナットによく似たかんじですが、より複雑な木目で、
一辺の中で色味の幅があります。

営業さんには
「え……?ショールームでアカシアご覧になりましたっけ?」
と言われるくらいのダークホース!

ショールームのPCで施行例を見ていたら、
素敵だと思うのがみんなアカシアだったんです。
マルホンの資料をもらってきてからもずっとアカシアのところばかり見てしまって。

 maruhon 1

maruhon 5

maruhon 6
以上すべてマルホンさんからお借りしている画像です。

素敵すぎ……!!!

気になるお値段ですが、
こちらは5坪程度のスペースなので、LDほどのびっくりプライスではなく、
10万円くらいのアップ。

……?もしかして私たち、麻痺してますか?
危険な兆候ですよね。


家づくりを始めたときの最初のイメージというのが、

「チークの床に塗り壁」

1階はだいぶ変わってしまったけど、
どこかでそのイメージを出せたら……としぶとく思っていたんです。


塗り壁に関しては、猫の爪とぎの可能性があるので断念しました。
せめて床だけでも!
という気持ちで、私たちには贅沢ですが、

採用を決めました。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

☆ランキングに参加してみました☆よろしくお願いします。

スポンサーサイト

Posted by [mai] | 17:04 | Comment [10] | TrackBack [0] | ファミリ-スペース

29 2012

LDの無垢の床

前回からの続きです。

LDの床は、マルホンの無垢のヘリンボーンに決定しましたが、
床暖房を取るか、好きな木材を取るか、家族会議になりました。

意外なことに、床暖房を望んでいた夫が
「相性悪いなら床暖なくてもいいよ」と言ってくれたんですよね。

候補は、床暖対応バーチ、未対応ウォルナット、未対応ブラックチェリー……。


 sample.jpg
 ショールームめぐりで頂いたサンプルたち


我が家の家具は、結婚当初買ったダイニングセットを中心として、
テレビボードやベッドもウォルナットです。
突板ですけれども。
ソファもこげ茶色…だいたいみんなこげ茶色……。

 ie.jpg
 手前で寝ている白猫がchinちゃん♀

床材だけ見ると、ウォルナットのイメージだったのですが、
一般的に、家具よりトーンの明るい床にすることが多いというのと、
ショールームに張られた経年でこっくりと飴色になったブラックチェリーがとてもきれいで…


 cherry.jpg
 ヒールのあとがたくさん!


アメリカンブラックチェリーにしました☆

ウォルナットは経年で色が明るくなるんですよね。
うちの家具も買った当初よりずいぶん軽く感じます。

それに対してチェリーは、色が濃くなるそうです。

チェリーの色の変化は、劇的なものらしく、
たまにいらっしゃるお客様には、半年で別の床かと思われるほどだそうです。

それも楽しみ♪

 maruhon 3
 画像はマルホンさんからお借りしています。

最初はこんなに明るいので、ちょっと違和感あるかもしれませんが、
ヘリンボーンに張るのに、ウォルナットだと重厚感がありすぎになりそうですし、
チェリーはほどよく力が抜けて良さそうだと思ったんです。

すみりんの無垢の床材に比べて、
マルホンの床材は、色が均一ではありません。
営業さんと一緒に見ているときに、「うちのはある程度均一になるように塗装をかけている」
というようなことをおっしゃってました。

特に、ブラックチェリーやウォルナットは、心材と辺材でかなり色が違います。
それが好みでない方にはオススメできないんですが、
私は、1枚1枚色が違って、木質感を全面に出しているかんじがとても気に入っています。

但し……お値段がまったくかわいくありません!!!!!

斜めに張るヘリンボーンだと余計にロスが多く、
多めに取って施工する形になるので、驚きの価格になっています……。

すみりん標準のオーク、ビーチ、くり、なら、の無垢との差額、

なんと50万円!!!!


でも絶対絶対無垢でヘリンボーンにしたいってゴネていたので、
ここは採用です。

しかも私の床材へのワガママはまだまだつづきます……!?

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

☆ランキングに参加してみました☆よろしくお願いします。

Posted by [mai] | 15:05 | Comment [6] | TrackBack [0] | リビング

29 2012

床暖房と床材

床は一番拘った部分です。

すみりんに決めたのもなんとなくとは言え、無垢の床にしたかったからです。
そして、私にはもうひとつ希望があって、


 どうしてもヘリンボーンに張りたい!


ところが、すみりんではヘリンボーンに張るのが難しいとのことで、
なんと最初の設計士さんには無理だと言われてしまったんです。

隣に座っていた営業さんは、
「かつて成城の展示場がヘリンボーンだったからできるはずだとは思うんですが……」
と言ってくれているのに!

何度かの打ち合わせを重ねるうちに、
すみりんの製品ではなく、
マルホンという木材屋さんの製品であれば可能だということがわかりました。

設計士さんの怠慢ですよね……。

結局ヘリンボーンに張れることになったのでよかったのですが。

少しノスタルジックなお家にしたくて、
ヘリンボーンのクラシカルな部分を、仰々しくなく使えたら……と思っていたんですよね。


 maruhon 4
 画像はマルホンさんからお借りしています


そして採用が決まったのですが、
LDは床暖房にしたかったので、床暖対応の寄木張りができるアッシュという木材を提案されました。
上の写真がアッシュです。

サンプルではなく、写真でしか見ていなかったので、
タイル決めと一緒に、営業さんとマルホンのショールームにいきました。

そこで実物を見たら………


ash.jpg



なんだか木目がはっきりしすぎて、アニマルなかんじ。
寄木されていると余計にワイルドで。
好みの問題なのですが、(実際うちの父にアッシュを見せたら気に入っていました)
もともと、チークやウォールナット系の床材にしたかったので、
穏やかな木目が好きなんですね。

アッシュ以外で床暖対応なバーチも候補に挙がりました。
けれど、暗めの床にしたいのに、バーチは明るすぎます。
キラキラと光って、とてもきれいなんですけど、イメージと違いました。



マルホンのショールームのスタッフさんに無垢の床との付き合い方を教えていただきながら、
床暖房についてのお話をしました。

断言はされていませんでしたが、お話から察するに、
「無垢の床は、床暖房に向いてない」ということなのだと解釈しました。

床暖対応の無垢材は、床暖房と床材の間に熱伝導を和らげるものを挟んでいるそうです。

床を温めるための床暖房なのに、矛盾していませんか?
無垢の木は熱に弱く、効率が悪いのだそうです。

床暖を優先して、限られた木材から選ぶのか……。

なんだか本末転倒ですよね。



というわけで、床暖房、すっぱりあきらめました!!!


となると、エネファームの必要性も絡んできてしまって……。
話がそれてしまうので、エネファームはまた別にして。

さて、私が選んだのはなんの木材でしょうか。
手持ちの家具との絡みもあるので……また次回!


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

☆ランキング参加してみました☆


Posted by [mai] | 00:41 | Comment [4] | TrackBack [0] | リビング

28 2012

家族構成と間取り その2

結婚4年目ですが子供のない私たちには、子供室は悩みどころでした。
二階には、主寝室、お風呂、洗面所、トイレ……。
吹き抜けでスペースを取るとしても、もう一部屋取れます。

客間として1部屋設けることもできたのですが、
誰が泊まりにくるか考えましたが、……たぶん1年に一度あるかないかでしょう。
ということは、私たちふたりで有意義に使うことを考えた方がいいのかと思いました。

書斎として一部屋にすることも考えましたが、
とにかくオープンな私たち夫婦なので、
(夫の帰りが遅いので、夜の数時間はほとんど一緒に過ごします)
お互いの行動がわかるように、あまり個室にはしたくなくて……


考えるのやめました!


ファミリースペースと称して多目的スペースとしました。
念のため、子供ができたら……と
クローゼットを配置し、
間仕切りしても窓や照明を分けて使えるようにしました。

ファミリースペースは、ベランダに面しているので、
専ら洗濯物の取り込み→アイロンという家事スペースになってしまうかも。
子供のない間はクローゼットにはそういった雑多なものをしまえればいいなぁと思います。

そのほか、私の趣味で少しずつ増えてしまった糸などもこちらに収納したいです。

linen.jpg

ちょうど吹き抜けの横に面しているのですが、
腰壁にせず、天井までの壁と両開きの窓、両サイドに飾り窓を設けていて、
その飾り窓は自作のステンドグラスパネルを入れる予定です。
たいして上達しないのですが、習い事としてお教室に通っているんです。

しかもまだ制作入ってないんですけどね……。

2階なのでそこまで力を入れる必要はないのですが、
これがどんどん力が入ってしまって……照明やら床まで凝っちゃったのですが、
それはまた今度お話します。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

更新の励みになります!1クリックお願いします♪

Posted by [mai] | 23:24 | Comment [0] | TrackBack [0] | まどり

27 2012

家族構成と間取り その1

我が家の間取りの特徴といえば、
玄関に土間を広くとって、
そこでお花の水揚げができるように業務用シンクを入れたことでしょうか。
25坪の小さなお家ですから、
広めの土間といってもたかが知れていますが、
1階の面積の3分の1が土間だったりします。

このアトリエスペースの配置と、
階段の位置に、設計士さんは苦労されていたようです。

私たち夫婦、設計士さん、営業さんの4人で、設計図とにらめっこしていたものです。
そのうち無言になってしまったりして(苦笑)

もうひとつ特徴的なのは、
うちの大事な家族、2匹の猫の遊び場。
吹き抜けとキャットウォーク、造作の爪とぎ用の柱。


 neco.jpg


これは夫の一番の希望です。
わたしも、猫が暮らしていて楽しい間取りにしたいなぁと思っていたので、
建築家さんの猫ハウスなどを参考にして、いろいろと取り入れてもらいました。

ちょうどリビングの上に梁を渡して、
猫が外を見られるように窓を設けたり、
吹き抜けの中を回遊できるようにカウンターをまわしてもらっています。

壁にもステップをつけて、梁へ登れるように。


気に入ってもらえるといいなぁ♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

☆ランキングに参加してみました☆よろしくお願いします。

Posted by [mai] | 22:02 | Comment [8] | TrackBack [0] | まどり

26 2012

ICさん

IC……住まいブログを読み始めたころは
インテリアコーディネーターという意味だとわかっていませんでした(苦笑)

ICさんと話し合って決めているのは、
主に照明のスイッチの場所やダウンライトの位置。

照明器具はダウンライトを除けば90%近く施主支給です。
また、カーテン、レールも施主支給……。

cartain.jpg
カーテンはリネンにしたい!

内装に関して「こちらの施主はどうやらうるさいらしい」と前情報があったのか、
ほとんど何かを勧めてくることがありません。
それはそれで寂しいのですが、
すみりんの取扱い業者の照明とは、ちょっと違ったものを取り入れたいので、
コツコツと気に入ったものをネットやお店で選んでいました。

以前、ICさんが選んでくださった照明をご紹介されて、
「………」
と沈黙になってしまったので、
たぶんもう、何もオススメしてくださらないのかなぁ…なんて。

すいません、ICさん!
わたしが違うテイストが好きなのに、
すみりんで建てるのがいけないんです!!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

☆ランキングに参加してみました☆よろしくお願いします。

Posted by [mai] | 20:50 | Comment [2] | TrackBack [0] | すみりん

26 2012

外構担当さん

契約前に、外構の方とも打ち合わせをしました。

おそらく、つるばらを育てているのを考慮して、
我が家の家づくりにおいて、外構は重要なポイントであろうと営業さんが判断したのでは?と思っています。


 rose.jpg


まず、現状、我が家に地植えしてある植物たちを見にきてくださって、
そのあとで、展示場で打ち合わせをしました。
「契約前なのに、外構まで!」と感激したものです。
……それも手の内なのかもしれませんけどね。

もともとの敷地も小さなもので、
外構もそれほど凝ったことはできないのですが、

●レンガの小さな塀(強風でゴミ捨て場からゴミが庭に入り込む!)
●表札は1文字ずつの切り文字
●外壁にばらの誘引用のビス打ち
●ウッドデッキとパーゴラ(こちらもばらのため♪)

など希望を伝えました。

プランも何もないと思うので、気になるのは見積もりだけ。

住友緑化の評判は……とにかく高い!とのことなのですが、
我が家の場合、現金は減らしたくないので、できる限りローンに組み込みたく、
外構は緑化にお願いすることになりそうです。

なので、外構さんのお人柄や提案力などは、契約とは直接関係ないのですが、
この方も素敵な方で、いつも打ち合わせとは関係ない植物の話をしてしまいます(笑)

先日も、ハニーサックルについてご相談したら、資料をプリントしてくださいました☆

見積もりは……正直高いのか安いのかよくわかりません。
カーポートを作らないので、一番の出費はウッドデッキとパーゴラ。
これは譲れない希望なので、やめたり減らしたりできないのです。
シンボルツリーに採用した、ジューンベリーをサービスしていただきました。

パーゴラの見積もりが一式になっているので、
その一点だけは、業者に確認とってもらっています。
何十万もするものが不透明であっては困るので。

自分自身が植物好きというのもあって、
植物の話ができる外構の打ち合わせはいつも楽しみです♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

☆ランキングに参加してみました☆よろしくお願いします。

Posted by [mai] | 19:59 | Comment [0] | TrackBack [0] | すみりん

26 2012

設計士さん

我が家の担当の設計士さんは、2人目の方です。

というのも、最初の設計の方が転勤になってしまったからで、
私たちが担当替えを要求したわけではありません(笑)

結果から言うと……

よかったです!!

最初の設計士さんは、悪い人ではないのですが、
私の希望と設計士さんの趣味とをすり合わせるところがあって、
「変なところは変と言ってほしいけど、好みの問題なのに……」と思うところもあり。
また、少し変わったことをお願いすると「できない」と返答するんですよね。

「できない」というのはとても簡単ですが、
「なぜできないのか?」をきちんと説明してほしいです。

普通に考えて、できないわけなくて、「やりたくない」の間違いじゃないの?
と思ってたんですが、
案の定、ほとんどのことが「できました!」

いろんな規格品を組み合わせるのが得意な大手メーカーは、造作には不向きです。
できないのではなくて、コストがかかってしまいます。

はじめから否定しないで、
「本当にできないのか?」
「できるなら費用はどの程度かかるのか?」
順を追って説明してくれれば、
「設計士さんに話してもどうせ…」なんて思わなかったかもしれません。


 americanblackcherry.jpg
床をヘリンボーンに張るのも当初「できない」と言われました……。


とは言っても、お別れのときはさびしかったですけどね。
少し話し方に癖のある方で、我が家ではこっそりマネしていました。
愛すべきキャラクターというか(笑)



一方、新しい設計士さんは、とても細かく説明してくださる方で、
理由や仕組みを知りたい私たちは、とても気持ちよく打ち合わせができています。
特にスイッチプレートの変更については、かなり詳しく説明していただきました。
そのことについては、また別件でお話したいと思います。

私が少し床に拘ったものですから、色合わせや、サニタリーフロアのグレードなど、
一度さらっと決めてしまったことを、
「せっかく拘って建てているのだから、もう一度見直してみては?」
と何度も話し合いを重ねてくださいます。

設計士さんも営業さん同様、とてもチャーミングな方で、私は大好きです。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

☆ランキングに参加してみました☆よろしくお願いします。

Posted by [mai] | 18:35 | Comment [0] | TrackBack [0] | すみりん

26 2012

営業さん

契約前にネットで調べてみた「すみりん」というと……

 低所得者を相手にしないお高くとまったハウスメーカー。
 営業さんは物腰柔らかな優男。

というものだったのですが、
お金のない我が家もきちんと対応してくれています。
営業さんは……当たってるかな。

背が高くすらっとしていて、童顔なのかな?わりとかわいらしいかんじの人です。
ご趣味や話し方から察するに、育ちがよさそうな。

この営業さんとは、まだ家も建っていないのに2年近いお付き合いになっています。
なんと年齢も私たち夫婦のひとつ下。親近感湧いちゃいますよね

私の誕生日に打ち合わせが入ったことがあったのですが、
花束をくださったんです。嬉しかったなぁ!
こういう細かな気遣いが人の気持ちをつかむコツですね。


たまに話したことが設計士さんに伝わってなかったりしても、許しちゃいます。

 はな

画像は全く関係ない、以前お届けしたアレンジメントです。あしからず。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

☆ランキングに参加してみました☆よろしくお願いします。

Posted by [mai] | 17:07 | Comment [0] | TrackBack [0] | すみりん

26 2012

住友林業で建てる

我が家は住友林業さんのお世話になって建てることにしました。

家の建て替えの話があがったとき、受託展示場で一番最初に行ったのが住友林業でした。
というのも、木に拘ったお家が建てたいと思っていたので、
「木の家といえば、すみりんでしょ」
なんて、安直な考えで。

それ以外の大手ハウスメーカーのお家は見てはいるものの、
実は見積もりを取ってもらっていません。

すみりん一本…信者のようですね(苦笑)

それ以外には、設計事務所、輸入住宅の工務店、
各一件ずつ打ち合わせ、見積もりをとってもらいました。

機能優先、男性的でスタイリッシュな家を建てたい夫。
多少の不便さはあっても、それが楽しめるようなナチュラルで居心地の良い家を建てたい妻。

私は造作のキッチンやサニタリーを夢見ていたので、設計事務所推しでした。

それがどうしてすみりんと契約するに至ったかというと、2つの理由があります。

① 人
② ローン

①は……設計事務所の設計士さんが好きになれなかったんです……。
特に夫が毛嫌いしていて……。
プランに関していえば、そのまま採用したら住むのが大変そうなくらい、すみりんと違っていて。
私は今でも、設計事務所の「コンサバトリーがある家」のプランに少しだけ未練があります。

もうひとつ、②ローンですが、
我が家は、急きょ家の建て替え案が出たために、貯金がほとんどありません!
土地を買わないので上物だけですが、オールローンになります。
また、その土地が少しだけ複雑で、借地の使用貸借という扱いになります。
この場合、ローンは一般の銀行ではおりません。
しかも、金融商品に疎い私たち夫婦。
とても自分たちでローンの手続きをできるとは思えませんでした。

つまるところ、すみりんの営業さんにほだされたということなのでした。

まだ私たちがひやかしで住宅展示場へ行ったとき、応対してくれたのが今の営業さんです。
(御本人はさすがに覚えていませんでしたけど、私たちはもちろん覚えています!!)
それから、半年くらい経って本格的に見に行ったときに応対してくれたのも今の営業さん。

それも、違う展示場で!


後付けで③。

震災のあとは、
(いまだに着工してないのに震災前から家づくりしていました…2年近くかけてる!?)
工務店で建てることに不安もあって、「安心を買う」という考えもありました。



営業さんが家を建ててくれるわけではありませんが、
なんとなくご縁のあるすみりんに決めました!

Posted by [mai] | 16:26 | Comment [0] | TrackBack [0] | すみりん

25 2012

はじめまして

はじめまして。
オーダーメイドのフラワーショップlong seasonのmaiです。
自宅の一部をアトリエとして、完全受注生産でブーケやアレンジメントをおつくりしています。

このたび、住まいを建て替えることになりました。
東京の片隅でつつましく暮らしている夫婦の家づくりの記録。
なんの役にもたたないかもしれませんが、
もしかしたら、どなたかのお家づくりのヒントになるかも?
そんな気持ちで綴っていきたいと思います。

Posted by [mai] | 22:15 | Comment [0] | TrackBack [0] | わたし

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。