FC2ブログ

long season + home

アトリエ兼住居を建て替え計画中。理想のお家が建つまでの記録です。*long season web site*http://longseason.petit.cc/

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by [mai] | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

27 2012

猫用の換気扇と爪とぎ柱の位置

土曜日、我が家に営業さんと生産さんがいらして、
今更ですが、例の不適合建築についてのお話をして頂きました。

あと1週間ほどで認可がおりるそうなので、
そのまま建築するそうです。
そして、耐火レベルも十分なので、ご心配なく!とのこと。
実際のビスと釘も見せてもらいました。

「バレなきゃいいじゃん」ってノリではなく、
実際に国交省の基準に合わないと指摘された別の会社のケースを見て、
「それ、すみりんでも採用してるんですけど……」と
自ら確認したところ、国交省からは「不適合」と。
すみりん側は、外壁は認可が通っているので、
同じ構造が間仕切り壁でも通用すると思って施工していたところ
それが通用しなかったということだそうです。

石膏ボード協会みたいなのがあって、そこでは認可されている構造らしいのですが、
そこから国交省へ確認するシステムのようなのに、
どうしてこうなるのかいまひとつわからなかったけど、
もしも認可がおりなかったら……という仮定の元、
どういう対応を取ってくれるのかを尋ねたら、
「お客様の不利益になることは全て保障します!」と言ってくれたので、
良しとします。

運悪く施工中の準耐火建築の物件は、
もしかしたら認可されるまでのこの1か月、
工事を中断しているところだってあるかもしれません。
仮住まい期間延長だとか、諸々の不都合、
工期延長によって生じる不利益は保障してくれるそうです。

ちゃんとお話してくれると、なんだか安心。
やっぱり来てもらってよかったです。




久しぶりに、お家の話。
家ブログなのに、ちっとも家のこと書いてませんでした(汗)

今日、上記の話をした後に、
猫用の爪とぎ柱の場所について確認しました。

設計では、吹き抜けの梁に続くように設置することになっているのですが、
その場所は、ちょうどリビングとダイニングの間で、
なんとなく…いやいや、だいぶ?邪魔な場所なんです。
これは前の設計士さんが決めてくれた場所なのですが、
夫はずーーーっと不満だったよう。

これを、梁の壁際の方に移動します。
壁には、猫ステップもあるので、
それとの絡みもあってより猫が使ってくれるようになるかも。

上棟してから、現場での感覚を大事にして、
正確な位置は決めることになりました。

この爪とぎ柱、
そういう商品はないので、化粧柱に麻紐をぐるぐるまきつけてもらうのですが、
なんと我が家の営業さんがやってくれるらしいです!
無理言っちゃってすいません。よろしくお願いします。

 neco15.jpg
「猫の家The Cat's House」を参考にさせていただきました。


それから、まだ画像でも見ていなかった
猫用の換気扇の写真を見せていただきました。

猫トイレのすぐ上に換気扇を1階2階に設置予定です。
16cm四方の白い換気扇です。
当然ファンは内側なので猫のしっぽが巻き込まれることもないです。
24時間の換気ではなく、on/ofは別にスイッチがあって、
室内照明などと一緒にします。

音が気になって猫が用を足すのをためらったり、
1,2階どちらかしか使わなかったりしたときに、
on/ofできる方が便利ですよね。

今住んでいる仮住まいは、2階建ての一軒家なのですが、
半年のことなので、2階は物置として、1階で生活しています。
そのため、リビングと間続きの和室にベッドを置いています。
引き戸で間仕切りはあるのですが、常に解放しています。
この引き戸の隙間から、ベッドの上の猫がソファの上にぬるりと出てきたり、
ベッドの下からそのままソファの下を通り抜けて追いかけっこしていたりするのが
本当にかわいいんです。
後ろから出てくるっていうのがいいのかな。

neco17.jpg

ベッドでまどろんでいたので、呼んでみたら出てきてくれました。
耳が傷だらけなのは、アレルギー持ちなので、かゆくてひっかいてしまうから……。

 neco18.jpg

引き戸の間をだらしないのですが、あえて開けています。
この後、私の肩をつたって膝の上に乗ってきます。スーパー甘えっこのchinちゃん。

新居では、ソファは階段の壁に付けて置くので、
下からぬるり…はないのですが、
階段の笠木というのかな、そこを段々にしてもらって、
猫が乗れるようにしてもらいます。

 neco16.jpg

こんなイメージ。
こちらも猫の家 The Cat’s Houseから画像拝借しています。
家づくりを開始した時に最初に熱心に見ていたのがこのサイトでした。

これでソファに座る私たちの後ろから、猫がこんにちはしてくれそうです♪


☆ランキングに参加しています☆バナーをクリックして応援してくださいね♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Posted by [mai] | 12:49 | Comment [0] | TrackBack [0] | ねこ

«prev | home | next»

TrackBackURL: http://longseasonplushome.blog.fc2.com/tb.php/54-16ebcbcd

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。