long season + home

アトリエ兼住居を建て替え計画中。理想のお家が建つまでの記録です。*long season web site*http://longseason.petit.cc/

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by [mai] | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

26 2012

設計士さん

我が家の担当の設計士さんは、2人目の方です。

というのも、最初の設計の方が転勤になってしまったからで、
私たちが担当替えを要求したわけではありません(笑)

結果から言うと……

よかったです!!

最初の設計士さんは、悪い人ではないのですが、
私の希望と設計士さんの趣味とをすり合わせるところがあって、
「変なところは変と言ってほしいけど、好みの問題なのに……」と思うところもあり。
また、少し変わったことをお願いすると「できない」と返答するんですよね。

「できない」というのはとても簡単ですが、
「なぜできないのか?」をきちんと説明してほしいです。

普通に考えて、できないわけなくて、「やりたくない」の間違いじゃないの?
と思ってたんですが、
案の定、ほとんどのことが「できました!」

いろんな規格品を組み合わせるのが得意な大手メーカーは、造作には不向きです。
できないのではなくて、コストがかかってしまいます。

はじめから否定しないで、
「本当にできないのか?」
「できるなら費用はどの程度かかるのか?」
順を追って説明してくれれば、
「設計士さんに話してもどうせ…」なんて思わなかったかもしれません。


 americanblackcherry.jpg
床をヘリンボーンに張るのも当初「できない」と言われました……。


とは言っても、お別れのときはさびしかったですけどね。
少し話し方に癖のある方で、我が家ではこっそりマネしていました。
愛すべきキャラクターというか(笑)



一方、新しい設計士さんは、とても細かく説明してくださる方で、
理由や仕組みを知りたい私たちは、とても気持ちよく打ち合わせができています。
特にスイッチプレートの変更については、かなり詳しく説明していただきました。
そのことについては、また別件でお話したいと思います。

私が少し床に拘ったものですから、色合わせや、サニタリーフロアのグレードなど、
一度さらっと決めてしまったことを、
「せっかく拘って建てているのだから、もう一度見直してみては?」
と何度も話し合いを重ねてくださいます。

設計士さんも営業さん同様、とてもチャーミングな方で、私は大好きです。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

☆ランキングに参加してみました☆よろしくお願いします。

スポンサーサイト

Posted by [mai] | 18:35 | Comment [0] | TrackBack [0] | すみりん

«prev | home | next»

TrackBackURL: http://longseasonplushome.blog.fc2.com/tb.php/6-0ac975b9

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。